パワーストーンは浄化でパワー回復〜誕生石とパワーストーン

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンを手に入れたら、まずは浄化をしましょう。

 

パワーストーンの浄化方法は、石によってちがいます。
ネット通販で購入すると、配送経路にさまざまな人の手が関わっています。また、実店舗で購入したとしても、そのお店にくるまで、海外で産出したストーンであれば現地の人、配送の人と多くの人の手に触れ、さまざまなエネルギーを吸っていることでしょう。

 

通常、お店では販売する時、発送する時に浄化を施してあります。
しかし、手に入れた瞬間から、自分自身のパワーストーンにするためにもご自分の手で浄化するのがいいでしょう。
石が生まれた時の状態、つまり真っさらな状態にしてあげるのです。

 

また、使っているうちに、パワーストーンの恩恵を受けているうちに、あなたの負のエネルギーを吸っていきます。そうすると、パワーストーンのエネルギーも落ちていってしまいますので、定期的に浄化をすることが大切なのです。

 

それでは、具体的な浄化の仕方を見ていきましょう。

 

タロット占い第一人者 ステラ薫子監修
金運を引き寄せたい方はご覧ください

 

さまざまな浄化方法

月光浴で浄化する方法

月光浴で浄化する方法
月光浴で浄化する方法はほとんどのパワーストーンで可能です。
浄化方法によっては、向かない石があったりしますが、
月光浴の場合はどの石にも使える方法です。

 

特に満月の光は強力なエネルギーを与えるとされますが、
満月にこだわらずに気がついたときに行っていいでしょう。
月の光が直接当たらなくても大丈夫。窓辺に数時間置いておくだけで効果があります。
一度で回復できないと感じましたら、何日か繰り返し月光浴させてあげましょう。

 

日光浴で浄化する方法

日光浴で浄化は石を午前中の太陽光に当てる方法です。
光を当てる時間は、光が強ければ30分程度、弱ければ1〜3時間程度。
劣化を早めるので最低限にします。特に、アメジスト、シトリントパーズ、アンバー、インカローズ(ロードクロサイト)、エメラルド、オパール、パール、翡翠など、光に弱い石は色褪せすることがあるので、日光浴での浄化には向かない石です。

 

流水で浄化する方法

流水で浄化する方法は、細く流した流水に1〜3時間程度石をさらします。できればわき水や清らかなせせらぎにて行うのが理想です。難しい場合は、容器に少量の自然塩と水を張り一日浸す方法もあります。
布で拭いてよく乾かしたあと、月光浴や日光浴を行ってもいいでしょう。
ターコイズや琥珀などは水に弱いので避けましょう。

 

塩で浄化する方法

パワーストーンを塩で浄化する方法は非常に強力ですので、強い邪気を感じる時や、パワーがひどく落ちたと感じる時に行います。容器に敷いた自然塩の上に石を一晩置いておくか、より強力に浄化したい場合は、多めに敷いた自然塩の中に石を埋め、一日そのままにします。
塩で浄化した後は十分に塩分を洗い流して布で拭いて乾かしましょう。
塩の浄化に向かない石はオパール、ターコイズ、マラカイト、フローライトなど。水に弱い石も塩の浄化は避けた方が良いでしょう。

 

香りで浄化する方法

ドライハーブを焚いて数秒から数分間、香りに浸して浄化する方法です。
ドライハーブがない場合、ホワイトセージの葉などのお香の煙にくぐらせて、煙を石に浴びさせる方法があります。香りで浄化する方法はほとんどの石に使えますが、長時間燻すと石が曇る場合があるので注意します。